子育てでお悩みの方へ


感情スイッチ、ONのままになっていませんか?


いいお母さんでいたいと思うのに、
気づいたらまたガミガミ。
黙っていられなくてつい先回り、
あれこれ口出ししてしまったり
子どものマイペースぶりに
イライラが止まらなかったり、

子どものことを愛してるのに
なぜか違う方向へ空回りして
最後はいつも自己嫌悪。

子どもが小さいうちは
よかったけれど
自我が芽生え始めてからは
衝突ばかり。

自分の子育て、これでいいのかな
子どもは私のこと、嫌いかもしれない...

そんなモヤモヤを抱えていませんか?



子ども時代の私が顔を出す?


お子さんへの不満や苛立ちで
気持ちがかき乱される感覚は
ありませんか?


もしかしたらそれは
ずっと蓋をしたままの
子ども時代の感情が
原因かもしれません。


自分が許されてこなかった
甘えや弱さ、または奔放さを
我が子の中に見るとき

大人に認められるために
ずっと「いい子」でいなくては
いけなかった過去の自分と
正反対の我が子を見るとき

忘れていたはずの感情が
時を越えて一気に沸騰
制御不能に陥ることもあるのです。



最近あまり話をしてくれない...


小学校高学年になって
急に大人びてきた我が子
学校での話も
あまりしてくれなくなったけど 
トラブル抱えていないか心配!

友達とは上手くつき合っているかしら?
塾の勉強ついていけてるかしら?
親に言えない悩みが
あるんじゃないかしら??

たくさんの心配をつい態度に表して
子どもの気持ちはますます遠ざかり
...

お子さんとの間にできた
小さな隙間の扱いに
お困りではありませんか?



「香り」という選択肢があります



本やネット記事
心理学講座で勉強して
小手先の「テクニック」がわかっても
どうにも押さえきれない
心のモヤモヤ

それは癒されていない
自分の感情です。

潜在意識にまで深く語りかける
香りのセッションは
お母さんだけでなく
友達関係や親子関係の悩みが始まる
小学校高学年以降のお子さんにも
お勧めです。

お子さんには「自分の気持ち」が
一番大切ということが腑に落ちますし

特に女の子は
自分の心の中のことを
こまめに人に打ち明けることができる
習慣を育てていかれることを
お勧めします。

お母さんには
「アロマのステキなイメージで来てみたら
意外にも深かった!」
と驚かれることも。



お母さんの感情が癒された状態で
いつも真ん中にあるということが

お子さんの心の安定のための
力強い支えになるということは
言うまでもありません。

Cuddle(カドル)では
お母さんだけでも
またはお子さんといらして
交代でセッションを受けていただく
こともできます。

香りのもつメッセージを頼りに
こころの奥のモヤモヤを
整理整頓してみませんか?